トップページ 遺伝病検査のすすめ  
    遺伝病検査のすすめ
 

当院ではボーダーコリーの遺伝病検査を積極的におすすめしています 。
ボーダーコリーの遺伝病としては、主に次の3つが知られています。
 *  股関節形成不全等の関節疾患
 *  コリー眼異常や進行性網膜萎縮等の眼科疾患
 *  セロイド・リポフスチン沈着症
繁殖またはドッグスポーツを行うに当たり、愛犬のコンディションを確認し、少しでも遺伝病で苦しむわんちゃんを無くしていきましょう。

ボーダーコリーのみでなく、他犬種の遺伝病検査にもご協力いたします。下記に記載の病気以外にも、できるだけ対応いたしますのでご相談ください。また、検査結果の解釈についてのご説明も丁寧に行います。 

   
関節疾患
当院では日本動物遺伝病ネットワーク(JAHD)またはアメリカのOFAに撮影したレントゲンを送り、診断および登録をして頂くことをおすすめしています。
必要に応じて専門医と連携をとって治療にあたります。 ボーダーコリー以外でもレントゲン撮影は行っております。
 
眼科疾患
当院では眼科検査のスクリーニングを行っています。疑わしい状態のわんちゃんは、大学病院で専門医による精密検査を受けていただくようおすすめしています。
コリー眼異常の遺伝子検査もおすすめしています。
ボーダーコリー以外でも眼科検査を行っております。
 
セロイド・リポフスチン沈着症
当院ではDNA検査をおすすめしています。
海外の検査会社、または研究機関にサンプルを送付して検査を行っております。詳しくはご相談ください。
 
 
     マイクロチップ
  当院ではマイクロチップ(ライフチップ)を推奨しています。
身元情報のキーとなる固有のID番号が書き込まれたマイクロチップを、わんちゃんねこちゃんの皮下に埋め込み、専用の読み取り機を使って確実に個体を識別します。

サイズも直径2mm長さ13.5mmと大変小さく、また体に優しい素材を使用していますので、体内に安心して埋め込むことができます。ほとんど体内を移動しません。

専用のインジェクターで背中の皮下に埋め込みます。ほんの数秒で完了し、痛みも予防接種と同じ程度。

マイクロチップは鑑札や名札と違って脱落する心配がありません。大切な身元
情報はどんな時も失われることなく、たった一度の埋め込みでわんちゃんねこちゃ
んの生涯を通して有効です。
海外渡航・迷子・災害や盗難という時に確実な身分証明が出来ます。

ID番号に基づく固体・飼い主情報は、個人情報保護法に 対応したAIPO(動物ID普及推進会議)でデータベース化されています。情報照会は、動物病院等からインターネットとFAXで24時間検索が出来ます。

身分証明とあわせて、体温測定もできるようになりました(ライフチップのみ)。

 詳しい情報はこちらでご覧下さい。
 大日本住友製薬「ライフチップ」  http://lifechip.info/lifechip/index.html
 「ペットのマイクロチップドットコム」 http://www.pet-microchip.com/

 
 
りかペットクリニック  044 (813) 6522
(c)2005 RIKA PET CLINIC,All Rights Reserved.